野球に必要なトレーニング

皆さんこんにちは☀️永井です(^ ^)

高校野球もついに終わりました。

いやーどれも本当に良い試合でしたね⚾️

 

ということで今日は野球に必要なトレーニングについてお話しします。

野球に必要な動きは、

投げる、打つ、走る

です。

この時点で全身の筋肉を使うことがわかりますよね

あと、野球は陸上の短距離のような完全な瞬発力というより

サッカーのような瞬発力と持久力が混ざり合ったスポーツですので

瞬発系のトレーニングだけすればいい、というわけではありません。

例えばピッチャーでも、一球だけ160kmを投げても、

あとはバテてしまっては意味がないですからね。

 

うちはパーソナルなので、あまりブログとかでここの筋肉は鍛えましょうとかは一概に言わないようにしているのですが。

全身各部位の筋肉を鍛えるのはもちろん、パワーを鍛える種目(デッドリフト、パワークリーン、スナッチ)はするべきだと思っています。

 

パワークリーンやスナッチは下半身と上半身の連動がないとできない種目で、

これらは下半身の力を上半身に伝える感覚が養われる種目です。

 

ただ、フォームや重量を間違えるとケガにも繋がるので独学でするのはオススメしません。

 

あとは、

ここに来られているアスリートの方にもよく言うのですが、

ウエイトトレーニングの倍は技術練習をしてください。

と言っています。

 

技術というのは、レベルが上がるにつれて必要な要素が増えてきます。

その中に筋力というパラメータがあり、それを伸ばしても他の要素がたりてないとその技術は獲得できません。

 

もしこれを読んでいるスポーツをされている方や、競技パフォーマンスを伸ばしたい方はぜひ一度お越しください(^ ^)