脂質の摂り方

皆さんこんにちは☀️永井です٩( ᐛ )و

今日は脂質のお話です。

脂質って油と脂があります。

え、なにが違うかって❓

油は液体ですが脂が個体なんですね。

この脂は肉の脂身なんですが飽和脂肪酸といって動脈硬化などや炎症作用のあるプロスタグランジンという物質を含みます。

一方液体もサラダ油やオリーブオイルなどありますが、オリーブオイルや魚油は体に良い油と言われています。

焼肉を食べた時に、タレをしばらく放置しておくとタレの中で油が固まってくるじゃないですか。

肉の脂は血液中でも同じことが起こるんですね。

魚やオリーブオイルは血液でも固まらないので悪玉コレステロールを排除してくれる役割があるんですね。

とはいえ、油は油です。

摂りすぎるとカロリーの過剰摂取になり太る原因になります。

さらに脂質は女性ホルモンの原材料になるので無くても困ります。

じゃあどうやって摂取すればいいか。

ほどほどにしか言えないんですよね。

強いていうなら、1日の摂取量の1割で大丈夫です。

なぜなら意識して取らなくても勝手に入ってくるからです。

脂質は吸収が遅く腹持ちをよくする効果もあり、うまく摂ると過食を防ぐツールにも使えるかもしれません。

やはり、なんでもほどほどが一番なんですよね♪(´ε` )