瞬発力について(速く動く編)

皆さんこんにちは☀️永井です( ◠‿◠ )

今回も前回の続きをお話ししていきます。

瞬発力(アジリティ編)についてです。

前回は大きな力を発揮する瞬発力に対し、今回は素早く動けるコツです‼︎

個人的にアジリティは技術的要素が高いと思います。

技術的要素が高いということは練習が必要ということです。

まずはアジリティがどういうものかと

アジリティは脳の伝達速度をいかに上げるか。

考えてから身体が動くまでどのくらい時間を短縮できるかにもかかってきます。

例えば格闘技やサッカーのように相手の動きを見て判断して次どう出るか。

この一連の流れを早くすることがアジリティの目的とも言えます。

これを速くする具体的な練習方法は

・ラダー

・プライオメトリック

などがあります。

ラダーとはよくスポーツの練習で使われるはしごのような器具です。

マス目を決まった歩数で速く駆け抜けたり複雑な動作を素早く行うことによってアジリティを上げます。

これはサッカーなど相手の動きやチームの動きを見て行動するスポーツにとても効果的です。

また、プライオメトリックとは地面反力の力を利用するトレーニングです。

地面反力とは、人は立っている時に、体重が上から地面にかかるのに対して

地面からも上に力を与えています。

これがないとずーっと沈みっぱなしか浮いていることになりますかね。

わかりやすく言うと。

テニスボールやバスケットボールを思いっきり地面に叩きつけてみると

その叩きつけた力の分上に跳ね返ってきますよね。

その力を地面反力と言います。

これは人間でもできます。

ただし軸がぶれたりタイミングが合わないとこの地面反力の恩恵は少ないです。

これを練習するのは

高くスキップするのが一番簡単です。

この時の注意点は地面に触れている時間は短いかつ高く跳ねるのがポイントです。

 

アジリティを上げるのは最初にも言ったように練習が必要で一朝一夕でできるものではありません。

どの能力を伸ばすかによって最適なトレーニング方法を選択してくださいね(^ ^)