人工甘味料について

皆さんこんにちは☀️永井です( ´ ▽ ` )

今日は人工甘味料についてお話したいとお話したいと思います。

人工甘味料とはなんぞやと思われている方もいると思いますので簡単に説明します٩( ᐛ )و

人口甘味料はジュースなどに使われていて、人の手によって加工された糖分です。

人口甘味料の中でも代表的なものは「果糖ブドウ糖液糖」というもので

大体のスポーツドリンクやジュースには入っています。

この人工甘味料。

怖いことが一つだけあって、

ダイエットには向かないということです。

まあ想像でもなんとなくわかるとは思いますが、

人工甘味料は血糖値をあげません。

え、それっていいことじゃん。

と思いますよね普通。

しかし

血糖値をあげないのですがインスリンは出ます。

このインスリンは、甘みを感じると分泌され、血糖値を下げてくたり、糖を筋肉に運んでくれたり、脂肪を溜め込んだりなど様々な役割をしてくれます。

ここで、

血糖値は上がらないけどインスリンは出てしまうとどうなるのか。

血糖値は通常のままで、インスリンが分泌され、通常よりも血糖値が下がってしまいます。

血糖値は空腹満腹と関係ており、血糖値が上がれば満腹になり、血糖値が下がれば空腹になります。

てことは人口甘味料を飲めば飲むほど血糖値は下がり空腹になります。

そうして血糖値が下がった状態で何か食べると血糖値は跳ね上がり、それを抑えようと多くのインスリンが分泌されます。

さっきも書いたようにインスリンは脂肪のためこみ作用もあるのでどんどん脂肪を溜め込んでしまいます。

これがダイエットに向かない理由です。

 

ではなぜ、人工甘味料が存在するのか。

それは味が美味くなるからです。

あと加工しやすいのでコスト的にも安心だからというのもあります。

 

ダイエットをしている人は飲み物には十分に気をつけてください😱

僕のオススメは麦茶か水です😏