不定愁訴の改善とは

皆さんこんにちは☀️永井です٩( ᐛ )و

今日は不定愁訴についてお話ししていきます。

肩こりや腰痛に悩む人は3人に1人と言われています。

文明の発達で身体を動かすことが年々減ってきて筋肉の機能も低下していることが原因とされていますが、それだけではありません。

ダイエット本やテレビのダイエット情報もこちらをいかに楽させて痩せさせるかといったメディアの力も影響しています。

肩こり腰痛だけの限らず、頭痛や、気分の消沈、睡眠不足などの不定愁訴も増えていきています。

これらに関しては、運動はもちろん、食事の在り方にも問題が出てきています。

自律神経の調整にはビタミン・ミネラルなどの微量栄養素は必須なのですが、偏った食事によるダイエット法や食の欧米化によりそういった栄養素を確保できず、不定愁訴に繋がるケースもかなり多いです。

例えば睡眠に関するメラトニンなどはタンパク質を原材料とし、ビタミンB6や鉄分を補酵素にしてメラトニンや気分の安定に作用するセロトニンを生成します。

つまり、これらの栄養素が不十分だと睡眠の質は低下し、気分の安定も難しくなるということです。

セロトニンに関しては腸内環境とも関係があり、腸内が荒れるような生活を続けていると生成も難しくなってきます。

つまり、どれか一つにフォーカスを当てるというより不定愁訴を通して全体の改善が必要になってくるのです。

これは自分1人の力ではなかなか気付かず専門家の知恵が必要になります。

 

肩こりや腰痛も姿勢不良からきている場合、ストレッチも必要ですがまずは楽な姿勢とはどんな感覚なのかというのを実感してからの方が姿勢不良に関しても気づきやすくなり改善もスムーズになります。

BASE forでは初回体験からそういったアプローチをさせていただきますので気になる方はぜひご連絡ください(^ ^)