パフォーマンスを上げるトレーニング❓

皆さんこんにちは☀️永井です٩( ᐛ )و

 

今年も残すところ10日を切りましたね。

めちゃくちゃ早かったです。

来年はどんな年になることやら。

さて、今日はスポーツにおいて、パフォーマンスを上げるトレーニングについてお話ししていきます。

というか、具体的にこれをすればパフォーマンスが上がる。というのはその人の身体と動きを見ないことにはなんとも言えませんので参考程度の内容で話していきます。

逆にパフォーマンスを下げている、停滞させている原因って何か考えたことはありますか❓

結構多くのアスリートは伸び悩むとトレーニングを「足し算」する人が多く、新しいトレーニングを取り入れがちです。

でも果たして自分が今一番必要としているのはそこなのでしょうか。

自分の競技について向き合い、フィードバックしたことはありますか。

自己分析というやつです。

自分がどの動きが苦手で、どの筋力が弱くて、必要としている動作の獲得には何が必要でそれを実現するための柔軟力はどうなのか。

僕は現在でもやり投げをしています。

仕事があり、先日1年ぶりに槍を投げましたが、自己記録を更新しました。

僕はトレーナーですので、身体のことを学び、自分の仕事の時間や自分に足りないものは何かいつも考えています。

とくに限られた時間で効果を出すためにトレーニングも考え、日本記録は狙えないものの自分の今のポテンシャルで最大限パフォーマンスを発揮できる方法を模索しています。

それを考え、実践すれば自ずとパフォーマンスが上がります。

学生の時よりも今の方が遥かに強いです。

パフォーマンスを上げるためになぜ体幹が必要なのか。なぜそこの筋力が必要なのか。柔軟性が必要なのか。休息は足りているのか。栄養はどうなのか。

一人一人によって身体や環境は違うのでこれをすれば強くなるみたいな魔法はほとんどありません。たまたま自分に合っても根本が理解できていないと頭打ちも早いです。

近道はありません。トップ選手ほど、自分の体には敏感ですしセンサーも鋭いです。

トップ選手の真似をするならそこです。トレーニング方法ではありません。

そこに気づけただけでもきっと今より強くなれます。