トレーニングの目的を考える

皆さんこんにちは☀️永井です(^ ^)

今日はトレーニングの目的についてお話しします。

最初にですがトレーニングと筋トレは少し違います。

筋トレは筋肉を鍛えるというより筋力を上げるためのトレーニングです。

え、なにが違うの❓と思われるかもしれませんが、トレーニングは「動きの習得」がメインになります。

例えば、歩き方を良くしようと思えばスクワットではなく、歩き方のトレーニングをした方が早いですよね。

だってスクワットはその場から動かないですが歩行は前に進んでいってなんぼですからね。

その歩行が良くなってさらに速く進めるようになりたい、また走れるようになりたいと日常動作以上の効果が欲しくなった場合に筋力トレーニングを実施するという選択になります。

まずはここのポイントを抑えた方が運動に悩みにくくなってきます。

見た目をしっかり変えていきたい。場合は筋トレになってきます。筋力が上がることで筋肉が大きくなるので見た目が変わってきます。

では姿勢を良くしたい場合はどうでしょうか。

そもそも姿勢が悪くなる原因はなんでしょうか。本当に筋力の低下が問題でしょうか。

僕の個人的な意見ですが、姿勢不良は筋トレとトレーニング両方が必要になってくると思います。筋トレで各筋肉を刺激し、感覚が鋭くなったところで正しい姿勢を体にインプットさせる。それを繰り返し自分の体に目を向けることができれば姿勢が良くなってくると思います。

つまりなにが言いたいかというと「考える力」がつけばどんな方法でも身体を変えることができるということです。

S N Sなどの情報は鵜呑みにする前に考える材料として利用した方がいいです。

その材料を集めていくと矛盾することも出ていきます。そこで自分の腑に落ちたものだけをすれば大丈夫ということです。

広い視野が必要ってことですね(^ ^)