ゴルフのパフォーマンスアップ

皆さんこんにちは☀️永井です♪( ´θ`)ノ

暖かくなってきて動きやすい季節になってきましたね🌸

今日はゴルフのパフォーマンスアップについてお話ししていきます。

とは言うものの僕はゴルフやってません。

ですがゴルフをされてるお客様をたくさん見てきましたし、飛距離が伸びたりなどのパフォーマンスアップにも関わってきました。

なので技術的な部分ではゴルフのプロの方に教えてもらったほうが伸びると思いますがトレーニングについてなら僕も負けてはいません。

今日はそんなトレーニングについてです。

まず、ゴルフの飛距離が思うように伸びなかったり、スライスしたりしてスコアが出ない方に多いのは筋力不足よりもまずは体の使い方です。つまり、いくら筋肉をつけたとしてもその力を出す方向が間違っていればクラブからの力がボールに伝わらず、曲がったり伸びなかったりするんですね。

ここで大事なのは腹腔内圧。つまりお腹の使い方です。

まずアドレス時に多いのが前傾を作りすぎて体幹が潰れてしまっている。胸を張りすぎているなどの問題です。体幹はアルミ缶のようなものなのでアルミ缶を捻ろうと思えば中心部はペチャンコでないと捻ることはできません。人間の体も同じでスイングをトップの位置にした時は少し体幹の力は抜いておかないといけません。

ですがインパクトの瞬間は衝撃に備えないといけないのでまた体幹を固めないといけないんです。

その練習としては呼吸の練習であったりクリーンやデッドリフト などのパワー向上の種目が有効です。

もちろん少しテクニックが必要になりますが。

詳しく知りたい人は是非BASE forまで♪( ´θ`)ノ