スクワットの凄さ

皆さんこんちは☀️永井です♪( ´θ`)

最近暑すぎませんか❓

日本ってこんなんでしたっけ。

ほんと皆さん熱中症には十二分にお気をつけください…

 

さて、本日はスクワットの凄さについてお話ししていきます。

トレーニングに興味がない方からすると

「スクワットってただしゃがむだけでしょ」

と思う方もいると思います。

まあ間違いではありません。笑

でも重要なのは正しくしゃがめるかどうかです。

簡単に確かめる方法は、まずその場で一番下までしゃがんでみてください。

イメージは「ヤンキー座り」みたいな形です。

その時、踵は浮いていませんか❓

後ろに倒れそうになっていませんか❓

もし当てはまる方がいれば足首や背中が硬くなっているということです。

その状態を放っておくと腰が痛くなりやすい体になってしまいます。

また、スクワットは足だけではなく背筋も使うので使う筋肉も多く消費するエネルギーも他のトレーニングより多いです。

また正しいフォームで行うスクワットは足の骨の位置が正しくなるので女性の方には嬉しいことに足が細く見えるようになります。

そして正しいスクワットは膝主体ではなく、股関節が主体となる動きになりますのでスポーツのパフォーマンスを上げたい方にとってはもってこいの種目です。

インスタグラムにスクワットのフォームもアップしていますのでやり方がわからないという方はぜひチェックしてみてください(^ ^)

 

筋肉をつけて体重アップ

皆さんこんにちは☀️永井です(^ ^)

 

今日は体重を増やすダイエット(増量編)についてお話しします✊

 

え、ダイエットなのに増量❓

ダイエットて体重を減らすことを指す言葉ではなく、その体に合った適性の体重にすることを指します。

例えば男性で170cm56kgの男性がいた場合、ダイエットをするとこの人は体重を増やす方にしないといけません。

 

そこで体重の増やし方なのですが、脂肪を蓄えて体重を増やしたところでそれはあまり意味がありません。

 

ただ、筋肉をつける過程で脂肪を全くつけないというのはなかなか難しい話です。

筋肉をつける上で必要な条件はオーバーカロリーとタンパク質です。

このオーバーカロリーは基礎代謝を上回る食事の量のことなのですが、これは脂肪を増えるところでもあります。

でも体重を増やしたい場合の脂肪は筋肉がつくスピードとほぼ変わらないのでそこまで多くつかず、活動量と運動量も上がるのでついてもすぐに燃焼されます。

 

そして大切なのがタンパク質の量です。

筋トレ時のタンパク質の摂取量は体重×1.2〜1.5ぐらいが僕の中では理想です。

体重×1.5〜2ぐらいだとよく本には書いていますが、結構多いです。

サラダチキンで例えるとあれ1個で20gぐらいなので僕が70kgのなので140gのタンパク質。

てことはサラダチキンを7個食べないといけません。

無理です。

ボディビルやフィジークなど競技スポーツとしてのボディメイクならばそれも必要ですが。

一般レベルならそこまでしなくても筋肉はつきます。

あとは炭水化物もしっかり摂ること。

食事の6割を炭水化物。3割をタンパク質。1割を脂質ぐらいでも良いと思います。

 

もちろん筋トレは必須ですがね。

 

もし何かわからないことがあれば永井にお聞きください^ ^

8月になりました

皆さんこんにちは☀️永井です♪(´ε` )

 

早いものでもう8月になりましたね。

梅雨も明けて暑さが一段と厳しくなったように感じます。

コロナもどんどん拡大していき第2波真っ最中ですからなかなか外出する気にもならないですよね。

ですが、少しは外に出てくださいね‼︎

遠出とか遊びじゃなくても良いので朝の散歩や少し歩きに出たり。

暑さを少し感じてください。

出ないと確実に熱中症になります。

とくに休みの日や盆休みなどの休暇は必須です。

ずーっと家で過ごして盆明けに仕事に出かけると暑さで体がダウンします。

自律神経も乱れるので太りやすくもなります。

あと部活生やスポーツをされている方々。

時間帯をまだ涼しい時間帯に変えて外でトレーニングすることも大切です。

もちろん水分はしっかり摂りながらね。

空腹睡眠ダイエットって

皆さんこんにちは☀️永井です♪(´ε` )

昨日テレビで「空腹睡眠ダイエット」が取り上げられていました。

テレビで色々なダイエット法が取り上げられていますが、ちゃんとした内容でしたので今日はそのことについてお話ししたいと思います。

そもそも空腹睡眠ダイエットとは

・寝る5時間前には食事を終わらせておく

・朝しっかり、昼普通、夜ほどほどの食事量にする。

・1日の水分摂取量を3リットルにする。

・朝起きて食べる前に軽い運動をする

といったものです。

これをすれば寝ている間に脂肪が分解され痩せやすい体になるということなんですが。

これは間違いではありません。

朝は血糖値も下がり、脂肪が分解されやすい状態ですので軽い運動をすることによってエネルギーとして脂肪が利用されやすくなります。

僕も実はこの方法を推奨しているのですが。

少し落とし穴があって、

これは生活リズムが安定している人にしか難しいのです。

仕事をされている方でちゃんと毎日定時で上がれるなら可能ですが、なかなかそういうわけにもいきませんよね。

あと水分を1日3リットルもなかなか難しいです。

僕は仕事中は1.5リットル飲んでいますが

ちょこちょこ飲んでそれです。

たださっきも言ったようにこのダイエット法が体に無理なく取り組める方法ですので試す価値はあります。

 

いつもブログで言っていることですが

ダイエット(減量)で大切なことは

睡眠、栄養バランス、1日の活動量です。

あれこれ抜く前にまずは自分の生活を見直して見ることが1番自分にあうダイエット法になります(^ ^)

炭水化物を恐れない

皆さんこんにちは☀️永井です

本日は栄養のお話です(^_^)

よく聞くダイエット法で一番ありがちなのが炭水化物を抜くというもの。

少しこれは誤解が多く、おそらく皆さんが抜きたいのは糖質ではないでしょうか。

炭水化物と糖質の違いは、食物繊維が含まれているかどうかです。

糖質は食物繊維が含まれていないため、吸収も早く、エネルギーにすぐ変換され、血糖値を素早く上昇させます。

食物繊維は吸収が遅く、ゆっくりエネルギーに変換されます。

そのため腹持ちもよく血糖値を緩やかに上げていきます。

結論から言うと糖質も含め、炭水化物は必ず必要です。

なんせ三大栄養素の一つですからね。

ただし摂る量、タイミング、種類は考えないといけません。

例えば白米よりも雑穀。

雑穀は食物繊維もビタミンも豊富で主食にはもってこいです。

うどん、中華麺よりもそばやパスタ(脂質の多いソースは避ける)

僕の主観ですが、基本的に白い食べ物はほぼほぼ糖質しかないような気がします。

夜は寝るだけなのであまり糖質を摂りすぎてしますと太ることがあります。

糖質も炭水化物も体のガソリンなので朝と昼はしっかり摂るようにしてください。

あとはなるべく普段の食卓から白いものをなくしていき、雑穀やなどを主食に変えると腹持ちもよくダイエットは成功しやすくなります。

 

もちろん、激しい運動をしているや目的なので摂取量は変化しますのであくまで、緩やかに体を絞りたい人向けに書いています。

あと炭水化物が太る原因ではなくて活動量の低下が太ることにも繋がってきます。

ここ結構大切です。

またわからないことがあればジムでお気軽にお尋ねください( ´∀`)