ウエイトトレーニングとスポーツ

皆さんこんにちは( ´∀`)永井です☀️

先日、大阪の長居で全日本実業団選手権(陸上競技)が行われ、男子100mではアジア大会でも活躍された山縣選手が10.01で優勝されました^ ^

このあいだのアジア大会でも10.00の好タイムを出したばかりなのに非常にアベレージが上がってきているのでそろそろ9秒台も遠い話ではないような気がします( ´∀`)

年々、陸上競技のタイムは全体的に10年前と比べるとかなりレベルが高くなってきていますd( ̄  ̄)

それはなぜでしょうか。

私が思うに、やはりトレーニングがかなり科学的根拠に基づいてしっかりとしてきたからだと思います❗️

とりあえず速く走ろうと思えば走りこみ。

これが少し前までは主流でしたが今では違います。

ウエイトトレーニングをしっかりと行い、がむしゃらに走り込みのではなく、速くなりたい距離に応じてメニューを考えることが今では定着してきましたd( ̄  ̄)

ウエイトトレーニングはどの競技スポーツでも大切なトレーニングです。

ただ筋肉をつけて筋力を上げるだけでなく、怪我予防にも繋がってきます。

もちろん間違ったフォームや適切な重量を扱ってしまうと逆に怪我をする恐れもありますが、きちんと行えば自分にとってプラスになります❗️

前にも少しお話ししましたが、何のためにそのウエイトトレーニングが必要なのか、このトレーニングをしたらどんな技術が身につくのかを理解しイメージすることが競技力アップの秘訣になりますd( ̄  ̄)

実際に私も競技者の頃、怪我をした時にこれらを再確認して復帰後に、

自己記録を更新することができました。

今だにスポーツの世界でウエイトトレーニングは不要だとたまに聞きますが

そんなことはありません。

正しいフォーム、ウエイトトレーニングの理解を深めることが競技力向上に繋がると私は思っています(^ ^)

 

トレーニングの真実とイメージについて

皆さんこんにちは☀️永井です( ´∀`)

先日、私の姉の結婚式がありまして、ここ2ヶ月間ぐらいウエディングドレスを着る姉にトレーニング指導をしていた時の話ですが、

私「じゃあ次は腹筋ね」

姉「お腹引き締めなあかんからな」

私「それ終わったら次は腕立てするで」

姉「腕ごつなってまうやん」

私「え。」

という会話がありました

ここで世の中のイメージと正しい知識とのギャップがあるので、

今回はこれをメインに少しお話しします(^ ^)

まず第一に腹筋をすればお腹は凹むけど腕立てをすれば腕が太くなるみたいな話はありません。

トレーニングは筋肉を大きくし強くすることを目的にしています。

ただ、筋肉というのは、そう簡単に大きくなってくれるものではありません(^_^;)

特に女性の場合は男性に比べて筋肉が圧倒的に太くなりにくいため、仮にボディビルダーのような筋肉まで発達させようと思うものならば毎日、凄まじいトレーニングと厳しい食事をしないと到達できません(-。-;

大抵の場合はトレーニングをして筋肉が太くなると基礎代謝が上がるので脂肪を燃焼しやすくなり体が引き締まってきます(^ ^)

つまり筋肉を太くするのと脂肪がなくなるのはイコールで結ばれるのです( ´∀`)

ただ、一つ注意点があって男性のパターンでよくあるのが筋トレをガンガンして今まで以上に、糖質・脂質を摂取すると基礎代謝以上に脂肪も蓄積されるのでムチムチした体つきになってしまいますので( ̄^ ̄)ゞ

女性も男性も共通の注意点はトレーニングの量が増えても脂質の量は今までより増やしてはいけないということ。(糖質の量はトレーニング強度や体調によっても変わるのでここではあえて触れません。)

それに、部分痩せというのも実はまだはっきりとはわかっていません。。

ある実験で数人を対象に、太ももの前のトレーニングだけのグループ、全身満遍なくトレーニングするグループで太ももの体脂肪がどれだけ落ちるかという実験がありましたが、

結果は全身満遍なくトレーニングした方が太ももの脂肪は落ちていました。

つまり多くの部位を鍛える方が多くの脂肪を無くすということがわかります。

それで太ももの周囲を計測した結果、誰も周囲がプラスになっている人はいなかったようですd( ̄  ̄)

もちろん食事も全員同じにしていると思います。

 

ということで

1、筋トレでそんなにすぐに筋肉が太くなることはない。

2、ダイエットにおいて、部分トレーニングよりも全身の方が効果的。

3、なんだかんだで食事の見直しは必要不可欠

テレビで言っている内容でこれってどうなの❓と思うことがありましたらお気軽にお尋ね下さいね( ´∀`)

 

 

 

「選択と集中」で効果を出す

みなさま、こんにちは!横田です(^ ^)

9月も中旬に入り、少し涼しくなってきました。

特に夜が冷えるので、寝時に身体を冷やさないようにしましょう♬

 

今回はトレーニングで効果を出すために必要な戦略についてです。

とはいえ、とても基本的なことであり、どのような事柄でも

同じことが言えるのですが、必要な戦略とは

「選択と集中」

です。目標の自分と今の自分を比べて、ギャップがどこにあるのか

どのようにすればそのギャップを埋め、目標を達成できるのかを

トレーナーと一緒に考え、やっていくわけですが、道は一つでは

ありません。色々な到達経路があって、なるべく最短の経路を

選択するわけです。そして、一度選択をしたら、その経路を進む

ことに集中する。これが大事なんです!

もちろん、方向修正が必要な場合があるので、常に検証をしないと

ダメです。ただ、情報過多のいまの世の中で、やっぱりこうした方が

ああした方がと迷いが出る場合が多々あります。

しかし、ローマは一日にして成らずという言葉があるように

検証期間が十分でないと効果を確認することが出来ません。

なので、迷って色々試し過ぎると、効果が出る前に辞めてしまい

結果、目標を達成出来ないということがあります。

そうした迷いが出た時は、まずトレーナーに相談していただくと

スッキリ解決できます♬

「選択と集中」で目標を達成しましょう(^ ^)

トレーニングをする前の確認

皆さんこんにちは❗️永井です(^ ^)

今日は「トレーニングをする前の確認」についてお話ししていきます( ´∀`)

トレーニングを始める理由は様々だと思いますd( ̄  ̄)

ダイエット・ボディメイク(かっこいい体・美しい体)・健康維持・体力増進・姿勢改善

これらの目的を達成するためにまず自分には何が必要かを考えることが大切です。

例えばダイエット。

ダイエットをしようと思いついた時、皆さんはまず何から始めますか❓

筋トレ・ランニング・糖質制限…

入り口はどこからでもありますが、まずはなぜダイエットをすることになってしまったのか。

その原因をはっきりと確認することが第一です。

食べ過ぎた・お酒を飲みすぎた・普段から全然歩かなくなった

どれだけ筋トレをしても原因が食べ物にあったらトレーニング効果も半減です(-。-;

まずは根本か見つめ直し、それを改善するところから始めてみてもいいと思います( ´∀`)

その上でトレーニングが必要だったり、ランニングが必要だったり、糖質制限が必要だったりしてくるのですd( ̄  ̄)

意外とこの根本を改善するだけでダイエットはできるものなのです。

 

その2、姿勢改善

姿勢改善も同じくなぜその姿勢になってしまったのかをまずは考える必要があります。

スマホの触りすぎ、長時間のパソコン作業。

良い姿勢で行いましょう。

と言ってしまえば簡単なものですが、仕事をする以上なかなか難しいものです…

姿勢不良は筋力のバランスが崩れて起こります(*^^*)

腹筋と背筋のバランス、太ももの前の筋力と太ももの後ろの筋力のバランス、

右の脇腹と左の脇腹の筋力のバランス

これらを整えると本来の姿勢に戻ります。

ただし、どれだけ筋トレをして筋肉をつけても良い姿勢を意識しないと結局は一緒です。

もちろん、筋トレをすれば良い姿勢を筋トレ前より遥かに作りやすくなるしキープもできます( ´∀`)

でも、体の綺麗なボディビルダーが毎日猫背のままでパソコンを長時間触っていると猫背のままですからね。

要は使うか使わないかの問題ですd( ̄  ̄)

 

まとめ

トレーニングは必要→でもなぜ必要になったかを考える→トレーニング→根本を解決し、もう今の状態に戻らないようにする。

 

なかなか自分だけではわからないという方はお気軽にスタッフにご相談ください(^ ^)

 

 

 

 

トレーニングで効果を出すために必要なことは!?

みなさま、こんにちは!横田です(^ ^)

先日の台風の影響はいかがですか?

また、北海道では震度7の地震が起こりました。

今年は日本全体が災害ばかりの夏でした。

何かあったときのために、しっかりと備えをしておく必要があります。

 

どんなことでもそうですが、身体作りやトレーニングに関しても

分析や評価というのが大切になります。

難しい表現を使いましたが、自分にとって今のやり方で効果が出て

いるのかを振り返るということです。

例えば、糖質制限に関しては、巷で意見が別れていますよね。

やらないほうがよいという意見とやるべきという意見とありますが

私の考えは、「必要に応じてやる」です(^ ^)

糖質の摂取を抑えて血糖値をコントロールした方が身体作りが

成功する場合も多々あります。やり方にもコツがあります。

知りたい方は横田までどうぞ♬

 

あきらかに危険であったり、間違った方法でないかぎり、

こっちは良いけどこっちは駄目と白黒つけることは出来ません。

色々な方法があり、ちょっと検索すれば、たくさんの情報が

出てきますが、そこから必要な方法をチョイスしてプランを作り

提供させていただくのがトレーナーの仕事の楽しさですね(^ ^)