速く走るためのコツ

皆さんこんにちは☀️永井です( ´ ▽ ` )

 

今日は速く走るためのコツをお話しします。

まずは走る基本として速く走るためにはピッチとストライドがという動作があります。

ピッチは足を上げて地面に着くまで。を表し、ストライドは走っている歩幅を表します。

つまり、簡単に言うと足を早く振り上げ、歩幅をしっかりと出した結果速く進むことができると言うわけです。

これらを鍛えるためにはまず、腸腰筋(足をあげるための筋肉)や、骨盤の動きと肩甲骨の動きをスムーズにする必要があります。

走る動作には腕を振ることも大切になり、腕が前への推進力にもなるので肩周りが硬いとうまく腕が振れないので、タイムロスへと繋がります。

家でできることはまずは股関節と肩甲骨のストレッチ、壁に手をついて、つま先をしっかり上げた状態をキープしそのまま膝の上げ下げを繰り返すトレーニング。

を行うとある程度は速く走れるようになります。

ただ、トレーニングには特異性という原則があり、実際に走る練習も必要になるということを忘れずに。

 

冬の間にしっかりと鍛えてシーズンまでにパフォーマンスを高めましょう( ´ ▽ ` )

子どものトレーニング

皆さんこんにちは☀️永井です(^ ^)

最近、お子さんにトレーニングをさせたいという方が増えてきました。

理由は運動神経の向上や習っているスポーツのパフォーマンスを上げたいなど様々です( ´ ▽ ` )

 

僕がここで行なっている子どものトレーニングというのは「筋トレ」はその子の年齢や運動レベルで決めていますが、初めは身体の使い方から教えます。

身体の使い方ってふわっとした言い方ですが実はとても大切です。

 

例えば垂直跳びなんかではよくわかりますが、ただ真上に飛ぶって動作も意外とコツがあります。

垂直跳びをうまくする方法は腕と股関節の使い方です。

 

しっかりと腕が上に持ち上がれてなかったり、股間節ではなく太ももに力が入りすぎると体は必要以上に力を入れます。

それでは飛べるものも飛べません。

遊び感覚でこれらの感覚を研ぎ澄ましてもらい、身体が楽に動かすことができて筋トレに移行します。

 

というかここまでだけでもすでにパフォーマンスや運動神経は上がっています。

 

今は公園や遊具の数が減ってきて外で遊ぶことが少なくなってきました。

本来はそういった遊びの中で身体の使い方を無意識に学習するのですが、ゲームが発達してきた現在ではなかなか難しくなってきているそうです。

 

あとは「考える力」

どうすれば成功するかな❓

といった質問を僕は子ども達にトレーニング中に聞きます。

それに正解はありません。

答えが出てそれを試し、失敗すればまた考えてまた試す。

動きの正解を教えてしまうと他の運動になったときに対応できなくなってしまうからです。

 

今はそのスポーツをしていても、いつか違うスポーツがしたいと言い出すかもしれません。

僕はその時にどんなスポーツでも対応できるように子ども達に指導しています。

例えば陸上している子どもが高校生になって野球がしたいと言い出した時、ボールを投げるような身体作りをしていなかったらそこでまた時間を使ってしまいます。

それはもったいないですよね。

 

あらゆるスポーツの対応できて、何よりも楽しむことをメインに指導していますので興味のある方はぜひ一度ご相談ください(^ ^)

何を目的にトレーニングするのか

皆さんこんにちは☀️永井です♪( ´▽`)

本日は目的別による筋トレについてお話ししたいと思います。

まず何のために筋トレをするか目的をはっきりとさせることが大切です。

減量なのかボディメイクなのか競技力アップなのか健康になるためのか。

最初のうちはどの目的でもベースは同じですが、慣れてくるとやり方やフォームが少しずつ変えていく必要があります。

減量はほとんどは食事がメインになりますが、インスリンの感受性を高めたり、代謝を上げるためにはしっかりと負荷をかけたトレーニングが必要です。

インスリンの感受性というのは血糖値を正しく調節するための機能のことです。

 

ボディメイクはより多くの筋肉の使い方を把握しそれを意識的に動かし負荷をかけていく。

つまり、鍛錬が必要となるということです。

 

競技力アップは柔軟性と筋出力を高めるトレーニング。

競技によって動かし方が変わってくるのでそれに合ったトレーニングをチョイスすることも大切ですね。

 

そして健康。

これは、その人にとっての健康の定義にもよりますが、多くの人は腰が痛くなく、ずっと歩ける体を目指すためにトレーニングされる方が多いような気がします。

ということは多くの関節を使ったトレーニングや、正しい歩き方、こうしては体に悪いなどといった知識があった方がいいですよね。

 

これは僕の目標というか、常に思っていることですが、

僕はお客様をプチトレーナーにするぐらいまで多くのことを話します。

栄養学、筋肉の作用、関節の構造など少し踏み込んだ内容まで話しています。

もちろんずっと通っていただけるほど幸せなことはありませんが、

やはり考える力と構築する力があってこそ、それぞれの目標を達成できるからと思っているからです。

 

気になった方はぜひ一度お越しください( ´ ▽ ` )

 

 

朝ごはん食べていますか

皆さんこんにちは☀️永井です(^ ^)

 

さて、今回は朝ごはんについてです。

皆さんは朝ごはんを食べていますか❓

僕は今まで生きてきて朝ごはんを食べなかったことはないです。

寝坊しようが体調が悪かるかろうが必ず何か口には入れます。

皆さんに聞いてみると朝ごはんを食べる人と食べない人は半々ぐらいです。

今回はその朝ごはんの重要性について解説していきます。

 

まず脂肪がつく仕組みとして、大きく分けると

1、オーバーカロリー

2、インスリンの過剰分泌

があります。

オーバーカロリーはそのままなのですが、インスリンの過剰分泌は血糖値が急激に上がることで起こります。

つまり、空腹時間が長い時に一気に食べて血糖値をあげるとこの現象が起こります。

なので朝を食べないと夜ご飯から昼間でかなりの時間があくので血糖値は下がりまくった状態になり、そこで食べ物が入ると過剰分泌になりやすくなります。

 

あとは、筋肉は分解と合成を繰り返しているので、栄養が定期的にないとどんどん分解していき、筋肉も落ちてしまいます。

 

さらには日本人は栄養素が不足しており、1食抜くのは体にとってあまり良いとは言えません。

 

朝起きて食べる気にならない方は朝起きてインスタントの味噌汁とおにぎりだけでも良いので食べる習慣をつけてみてください。

1ヶ月続けてそれでも苦に感じたら辞めてもいいですし、とにかく習慣化して体に慣れさせてみてください。

 

1食しか食べてないのに太ってしまう悩みがある方は引き算ではなく、一度足し算で考えてみても効果は出るかもしれませんよ(^ ^)

くびれと姿勢

皆さんこんにちは☀️永井です( ´ ▽ ` )

ラグビーがかなり盛り上がっていますね🎉

いやー普通に日本もラグビー強豪国ですよほんと。

このまま頑張れ日本‼️

 

さて、今回もよく聞かれることについてお話しします。

1、くびれを作るにはどうすればいいの

これは女性の方からよく聞かれます。

まあ結論から言ってしまえば脂肪がなくなればくびれはできますが。

ただ、トレーニングだけでくびれが綺麗に出るとは限らないのです。

くびれのシルエットには肋骨が大きく関与しています。

例えば胸式呼吸の人は肋骨が上に上がっているため胴回りが太くというかゴツく見えてしまうことが多いです。

腹式呼吸に変えると肋骨が下に下がるのでウエストラインはスッキリします。

また腹式呼吸は自律神経も整うので疲れやすい人にもオススメです。

それに加え、腹斜筋のトレーニングを入れると縦線も入り理想のくびれに近づくのではないでしょうか。

 

2、姿勢が良くなるためのトレーニングは

これはその姿勢のタイプによって違うのと、その人の骨格を見ていないとなんとも言えませんが、

トレーニングだけでは治らないのは確かです。

どういうことかと言うと、姿勢不良って筋肉のバランス(強弱)が悪くなって猫背になったり、反り腰になったりするのですが。

弱いところを鍛えても強いところ(硬くなっている筋肉)のストレッチもしないといけないのです。

また、成長期の段階で骨折や事故などで骨に何かしらの異常があった場合にそのまま大人になり、背骨や骨の構造が少し違うというパターンもありますが。

また、トレーニングでその場だけ良い姿勢になっても普段の生活でその姿勢をどれだけ意識するかの方が大切になってきますのでそこも要注意です。

 

ではまた次回のブログで( ´ ▽ ` )