季節によって体重が変化する❓

皆さんこんにちは☀️永井です(^ ^)

またまた寒くなり、いよいよ布団から出るのが嫌になってくる時期ですね❄️

ちなみに僕は起きてから布団から出るまで20分はかかります…

 

そんなことはさておき、本日は冬に太りやすい人について少しお話したいと思います^ ^

季節によって痩せやすい時期や太りやすい時期があったりしませんか。

お客様でもそういった話はよく聞きます。

 

いろいろ聞いて共通点や特徴を考えると、

ほとんどが生活習慣です。

つまり、活動量と食生活。

 

どんな季節でも、活動量が落ち、摂取カロリーが多くなると体重は増えます。

いやいや、そんな食べてないのに増える。

という方は一度その日食べた物と量を書き出してくださいd( ̄  ̄)

その時点で意外と多かったり、また、少量にしている物自体のカロリーが高かったりすることがあります(-。-;

後は活動量。

もちろん筋トレも良いですが、例えば週1回トレーニングをしてそれ以外の日は座っている時間の方が長かったり、活動量が少ないと1週間でトータルを考えたときに摂取量の方が大きくなります。

これだと落ちるものもなかなか落ちてはくれません。

普段からバランスよくしっかり噛んで食べる。

食べすぎる日はしっかり活動量(階段を使うなど)を増やす。

特に冬は肌を見せることも少なくなる+寒いから活動量が落ちるので気を抜いてしまうことも多くなると思います。

なので家の中でできる運動を探し、夏前に慌てない体準備をしていきましょう( ´∀`)

今年もあと1ヶ月を切りました

皆さんこんにちは☀️永井です

12月に入り今年も1ヶ月を切りましたねd( ̄  ̄)

週末から一気に冷え込むので風邪や体調不良には十分にお気をつけください^^;

 

それにしても昨日と今日は本当に暖かいですねd( ̄  ̄)

12月とは思えないほどです(-。-;

私事ですが、先日お風呂に浸かっているときにリラックスしており、

ぼーっと考え事をしていました。

すると鎖骨付近がゾワっとしたのでパッと見ると、

とんでもなく大きいムカデがペタッと張り付いていました。

おそらくあの時間の大阪で最も大きい叫び声をあげた自信があります。

死んでいたので刺されはしなかったのですが、本来ムカデは冬には出ません。

それぐらい、気温が異常だということです。

 

人間は気温差があると、自律神経がダメージを受け、体にいろいろなエラーを起こさせます。

最近よくテレビでも言われているのが寒暖差アレルギーもその一つです。

自律神経は交感神経と副交感神経があり、活動時や休眠時などにスイッチが切り替わります。

それらが誤作動を起こすと、眠気がくる時間帯がバラバラになったり、食欲がなくなったりします。

また、体が風邪をひいていると勘違いし、咳や鼻水が出たりするのも一つです。

 

自律神経を整えるためには、

・生活リズムを一定にする

・お風呂にしっかりと浸かる

・よく噛んで食事する

・適度な運動

 

これらを行うことで自律神経が乱れるのを防ぎます。

 

忘年会もあり、生活リズムが乱れやすい時期ですが、普段からしっかりと心がけてお過ごしください( ´∀`)

 

 

お知らせ

皆さんこんにちは☀️永井です( ´∀`)

もう12月ですね☃️

ほんと早いです…

暖かいですが…

僕は寒い方が良いので早く冬らしくなって欲しいですd( ̄  ̄)

 

さて、年末年始の営業についてです‼️

 

12/29(土)~1/3(木)

 

この期間は休業とさせていただきます。

 

今年もあと少しですが何卒よろしくお願いします⭐️

 

骨盤矯正について

皆さんこんにちは☀️永井です^ ^

今月は姿勢をテーマにブログを書かせていただいてます。

本日は骨盤矯正についてですd( ̄  ̄)

よく、町の整骨院やテレビでも取り上げられる骨盤矯正。

皆さんも一度は聞いたことがあるかと思います。

基本的に骨盤が歪むという表現は少し誤解があります

骨盤という骨そのものの形が変形するということは多くありません。

というかほとんどありません。。。

骨盤の歪みの元は筋力のバランスの崩れが原因となり引き起こります(・・;)

 

筋肉は必ず骨から骨に付着しています。

筋力のバランスが崩れるとどうなるのか。

 

筋肉はゴムと同じで「伸び」と「縮む」性質があります。

普通なら伸びと縮む力は常に拮抗状態にあり、コントロールできるのですが、

バランスが崩れると強い筋肉は縮みやすくなり弱い筋肉は伸ばされてしまいます(-。-;

 

ここで厄介なのが筋肉のもう一つの性質、形状記憶です。

筋肉は動かしてあげないとその悪い状態で固まってしまい、いろいろな障害を引き起こします。

その一種に骨盤の歪みが挙げられるのですd( ̄  ̄)

 

普段の何気ない立ち姿勢、座り姿勢に必ずクセは出ます。

そういった気づかないクセで筋肉はどんどん錆びていき、結果、骨盤は本来の位置からずれてしまうのです。

なので骨盤の形は変わらないが、骨盤そのものが傾いたり位置がズレたりするのです。

骨盤矯正では硬くなってしまった筋肉を緩め、バランスを整えてくれます。

 

しかし、骨盤が歪んでしまった根本的な理由を見つけないとまた再発する可能性も…

 

我流のトレーニングは行いやすい部位ばかりしてしまい、筋力のバランスも崩れやすくなります。

正しいフォームを身につけ、自分の苦手な動きと向き合うことが医者いらずの体になる第1歩かもしれませんよ( ´∀`)

悪い姿勢の種類 パート3

皆さんこんにちは☀️永井です(^ ^)

今回も前回に引き続き姿勢不良の種類についてお話しします^ ^

今回は「平背型」についてですd( ̄  ̄)

今まで紹介した2つに比べると平背型の人はあまり多く見られませんが、怪我のリスクが一番高いタイプの姿勢です。

平背型の特徴として、背部が綺麗なS字ではなく、腰部がまっすぐということ。

腰部がまっすぐだとどうなるのか(-。-;

本来、背骨のS字は衝撃を和らげるクッションの役割があります。

つまりまっすぐだと衝撃が緩和されず腰部にストレスを与え続けてしまうのです。

このストレスを与え続けると椎間板ヘルニアなどの怪我に繋がってしまいます。

この姿勢の原因は座っているときに長時間の前かがみになる方に多く見られます。

筋群の強弱は前回の後弯平坦型とほぼ同じで、ストレッチと筋トレで修正していきます。

またこれらの筋肉のトレーニング方法はBASEfoのインスタに動画をアップしているのでそちらを参考にして見てください( ´∀`)

 

姿勢不良は誰でも起きやすいものです。

もちろんトレーニングすることも大切ですが、最も大切なことは悪い姿勢を長時間続けないこと。

猫背になってしまったらすぐに気づくことが大切ですd( ̄  ̄)

15分に一度はキーボードやスマホから手を離し、軽く伸びなどのストレッチや少しコーヒーで一服したりして悪い姿勢を作らないようにする。

こういった小さな気づきや、ちょっとしたことで腰痛予防、姿勢不良を防ぎましょう✨