瞬発力について(パワー編)

皆さんこんにちは☀️永井です(^ ^)

今回は前回の続きで瞬発力についてお話しします

前回、瞬発力には大きく分けて2種類あると言いましたが

今回は一瞬で大きな力を発揮する(パワー)についてです。

例えば、陸上競技や、バレーボール、サッカー、バスケなど

一瞬で大きな力を発揮するのは球技はもちろんほとんどのスポーツの場面で必要になります。

このパワーを生み出すのに重要になってくるのが股関節です。

 

股関節は下半身と上半身を繋ぐ関節ですので

地面からの力を上半身に伝えるためには股関節をうまく動かす必要があります。

ここでなんで地面の力が必要かと言うと

自分の筋力で出せる力って知れていて

地面からの反発を利用しないとパワーは出せないんです。

ただこの地面からの力を最大限引き出すためには股関節の使い方であったり、

力を逃さないための体幹の軸が必要になると言うことなのです。

 

理論はこの辺にしておいて、

どういうトレーニングをすればパワーがつくかというと

ウエイトトレーニングで言えば

クリーンやスナッチ

自重運動では

垂直跳びや立ち幅跳び

などがパワーの強化に向いています。

パワーは力×スピードなので

筋力も必要になり、筋力が低すぎると怪我のリスクもあるので

全体的な筋力強とともにパワーの発揮も練習してみましょう。

つまり、パワーは技術要素が高いというわけです。

 

次回はもう一つの瞬発力についてお話しします^ ^