悪い姿勢の種類 パート3

皆さんこんにちは☀️永井です(^ ^)

今回も前回に引き続き姿勢不良の種類についてお話しします^ ^

今回は「平背型」についてですd( ̄  ̄)

今まで紹介した2つに比べると平背型の人はあまり多く見られませんが、怪我のリスクが一番高いタイプの姿勢です。

平背型の特徴として、背部が綺麗なS字ではなく、腰部がまっすぐということ。

腰部がまっすぐだとどうなるのか(-。-;

本来、背骨のS字は衝撃を和らげるクッションの役割があります。

つまりまっすぐだと衝撃が緩和されず腰部にストレスを与え続けてしまうのです。

このストレスを与え続けると椎間板ヘルニアなどの怪我に繋がってしまいます。

この姿勢の原因は座っているときに長時間の前かがみになる方に多く見られます。

筋群の強弱は前回の後弯平坦型とほぼ同じで、ストレッチと筋トレで修正していきます。

またこれらの筋肉のトレーニング方法はBASEfoのインスタに動画をアップしているのでそちらを参考にして見てください( ´∀`)

 

姿勢不良は誰でも起きやすいものです。

もちろんトレーニングすることも大切ですが、最も大切なことは悪い姿勢を長時間続けないこと。

猫背になってしまったらすぐに気づくことが大切ですd( ̄  ̄)

15分に一度はキーボードやスマホから手を離し、軽く伸びなどのストレッチや少しコーヒーで一服したりして悪い姿勢を作らないようにする。

こういった小さな気づきや、ちょっとしたことで腰痛予防、姿勢不良を防ぎましょう✨