子どものトレーニング(実践編)

皆さんこんにちは☀️永井です(^ ^)

今日は前回の続きで子どものトレーニングについてお話しします。

前回は概要について書いてますのでまだ読まれてない方はそちらを先にご覧ください。

今回は具体的なトレーニング方法についてです。

僕がよく子どもにするトレーニングで多いのはラダートレーニングやジャンプ系のトレーニングです。

ラダートレーニングというのは瞬発力やステップが必要なスポーツ、身体の動かし方を習得するのに良いトレーニングです。

ラダーというはしごみたいな道具を地面において、そのマスの中で決まられた歩数や決められた踏み方をして素早く進むトレーニングです。

マスの中を決められた歩数で進むのは最初はかなり難しく頭を使わないと動くことができません。

試しに公園に行った際に30センチ四方のマスを10個ぐらい地面に書いて

その1マスの中を3歩で走ってみてください。

かなり難しく足がなかなか出せないと思います。

ラダーは

考え、体を動かす。

この神経系を素早くリンクさせるのにもってこいです。

どういうことかというと

サッカーなど素早い動作でも状況判断が必要な時

人間は考えてから体を動かすまでどうしても時間ができスキが生まれます。

ラダーはこういった時間の短縮が期待されます。

ジャンプ系は例えばスキップでも高くスキップせたり早くスキップさせたりなど。

地面に足がついて次の動作をなるべく早くさせることを意識すると

足が速くなるのにもつながります。

 

筋トレもすることはするのですが、あまり負荷をかけるというよりも正しいフォームでいかに楽に動かせるかをメインでしています。

 

子どもはトレーニングのやり方次第で大きく成長し可能性が広がりますよ(^ ^)