アスリートのトレーニングについての考え方

皆さんこんにちは☀️永井です( ´∀`)

まだまだインフルエンザやノロウイルスが流行っていますね(-。-;

今年は特に感染力も強く、今までになったことが無い人でも多くかかってしまっているようです。

手洗いうがい、マスク、栄養のあるものを食べて睡眠不足にならないようにすればある程度は感染を防ぐことができます。

予防は徹底的に行ってくださいねd( ̄  ̄)

 

さて、今回はアスリートのトレーニングについての考え方です。

前にも同じような内容で書いたと思いますが大切なことなのでもう一度お伝えしとこうと思います。

僕は大学で陸上部の投擲コーチをしていますが、

学生達には、いつも何のためにその動きをするか考えろ

と言っています

アスリート達はウエイトトレーニングや技術練習を必死で行います。

その目的は様々で、怪我予防や、パフォーマンスを上げるためにといった競技をより良く行うために取り組みます。

ですが中には、先輩がこのトレーニングをしろって言ってきたから、や

強い選手はみんなこのトレーニングをしているから。

などと言った理由でウエイトや技術練習を行うアスリートもいます。

むしろそっちの方が多いような気がします。

 

まず、自分がそのトレーニングでパフォーマンスが上がったとしても違う人にそれが当てはまるかどうかは博打に等しいです。

例えばオリンピック選手の練習動画を見て自分もそれを真似したとしましょう。

おそらく完璧にコピーはできないと思います。

なぜなら、オリンピック選手は自分がパフォーマンスを上げるためにどんなトレーニングが必要か試行錯誤した上でそのトレーニングに行き着きます。

つまりそのオリンピック選手のトレーニングの意図はそのオリンピック選手とコーチにしか共有していません。

それを真似ても全く内容が違うトレーニングになってしまいます。

形は同じでも効果は全く異なり、無理にすれば怪我をしてしまうほどです。

 

ではアスリートのトレーニングチョイスはどうすればいいのか。

長くなるのでまた次に書きます。