過食のメカニズム

皆さんこんにちは☀️永井です٩( ᐛ )و

 

今日は過食のメカニズムについてお話しします。

過食って決して意志が弱いとか自制心が弱いとかそんな理由ではなく、ちゃんとした科学的根拠があるんです。

過食の要因は

・早食い

・スマホのながら食い

・脂質の取り過ぎ

が大きな要因です

早食いはテレビでもよく言われていますが、早食いは血糖値が上がって、レプチンという満腹サインが出るまでにタイムラグがあるのですが、レプチンを感じる前に食べ物を取り込みすぎると必要以上に食べれてしまいます。

この場合はよく噛む、固そうなものから食べるなどといった工夫が必要です。

スマホのながら食いは、食事の時によくスマホで動画見ながら食べる人いますよね。あれ、ブルーライトでグレリンという腹減ってサインが出るんですよね。

レプチンと逆の作用をするシグナルです。

実際、スマホ見ながら食事すると結構パクパク食べれてしまいますよね。

食事の際は目の前の食事に集中したほうがいいです。脳に「食べた」という認識をさせる必要があります。

そして、脂質の取り過ぎ。

これは脂っこいものや肉などをよく食べる人に起こりやすいです。

肉の脂や揚げ物は飽和脂肪酸と呼ばれる脂質の種類が多く、これは脳の視床下部という場所で炎症を引き起こさせます。

視床下部が炎症を起こすと、レプチンやインスリンの抵抗性を引き起こさせるんです。

こうなると食欲抑制が効きにくい状態になり、過食や肥満を助長させるんですね。

ということで最近過食しているなあと思ったら

1、ゆっくり食べてしっかり噛む

2、目の前の食事に集中する。

3、油物を控え、和食中心の食生活にする

いきなりは難しいですが、1、2週間で過食のループから抜け出せるのでぜひ試してみてください♪(´ε` )

 

 

食べるとは

皆さんこんにちは☀️永井です٩( ᐛ )و

今日は「食べる」ということについてお話しします。

食べる目的は2つあって

・恒常性に関わる摂食

・嗜好性に関わる摂食

に分類されます。

恒常性に関わる摂食とは、体内で不足しているエネルギーを補うための摂食。つまり、生きていくために必要なエネルギーを確保する為の食事です。体内で心臓を含む内臓や筋肉、脳を動かすために栄養素を摂らないといけないということになります。

嗜好性に関わる摂食とは、美味しさを求める要因が大きい摂食です。これは、脳の中で報酬系と呼ばれる部分から、ドーパミンを放出し、快感を得るための摂食です。これがなくても生命の維持は可能なのですが、ストレスに対抗する手段になりますのでたまにあったほうが生活がより充実したものになります。

しかし、この嗜好性に関わる摂食は脂っこいものに強く反応し、肉や脂に多く含まれる飽和脂肪酸はこの脳の中にある視床下部という部位に炎症をもたらしやすいことが言われています。つまり、ここに炎症が起こると満腹と感じにくくなったり、食欲が湧かないなどが起こります。

そのため嗜好性に関わる摂食はハレの日、お祝い事やイベントに使われ、ケの日、普段の生活食と分けないと食生活が乱れ、過食や拒食の原因になります。

特に脂質はさっきも書いたようにクセになり、さらに求める欲求が強くなるので毎日摂取するのはあまりオススメしません。

ケの日、ハレの日のメリハリをつけて楽しい食生活にしていきましょう♪(´ε` )

ダイエットの原則

皆さんこんにちは 永井です

本日はダイエットの原則についてお話ししてきます。

今となってはダイエットもかなり多くの方法が出回ってきました。

どれが一番いいんでしょうか。

まずはメジャーなダイエット方法のメリット・デメリットをご紹介

・糖質制限

メリット→すぐ体重は落ちる。

デメリット→糖を代謝する機能が落ちる。筋肉も落ちる。

・断食

メリット→1週間で体重は落ちる。

デメリット→筋肉が落ちる。代謝も下がる。

 

すぐに体重を落としたいのであればこれrの方法は有効かもしれません。

しかし、長い目で見たときに長続きしにくいのと、体内の代謝機能が低下するため、太りやすくなります。

代謝は体の中で仕事をさせないとどんどんサボり出しますから。

 

ここでダイエットの原則ですが

・1日1000キロカロリー以下にしない

・6ー8時間は寝る

・炭水化物を抜かない

・水もちゃんと飲む

・ジュースは控える

・朝ごはんをしっかり食べる

・ちゃんと噛む

です。

引き算ではなく、足し算も重要なんです。

引きすぎるとすぐに体重は落ちるかもしれませんが、リバウンドも起こりやすいので。

太りにくい体とは適度な仕事(消化・吸収)を体内で行わせ、余分なエネルギーを残さず体内で使い切ることである。

そのためにはバランスのとれた食事と適度な運動と睡眠が必要不可欠。

当たり前のことなんですけどね。

一番確かなダイエット法って実は子どもの頃から言われていたことなのかもしれません(^ ^)

子どものためのトレーニングとは

皆さんこんにちは☀️永井です♪(´ε` )

今日は子どものためのトレーニングについてお話していきます。

コロナ禍で子ども達の活動量も低下してきました。外で遊ぶことが難しかったり、休みの日も家でゲームする時間が増えてきているのではないでしょうか。

子どもの頃は神経も発達途中で、その時期になにをしていたかで大人になったときの可能性が変わってきます。

やはり、動くことが嫌いであれば大人になっても運動が嫌いと感じる人も多いと思います。

でも子どもに筋トレをさせるのはどうなんだ。と思う人も多いですよね。

確かにまだ体が出来上がってないのにウエイトやダンベルを持って荷重をかけてトレーニングさせるのは関節にダメージが出ます。

でも筋トレではなく正しい体の使い方を身につけた方がいいのは事実です。

スクワットでもつま先と膝は同じ向きを向いているか、背中はスネと平行になっているか、膝はちゃんと前に出ているか。

正しい動きは関節に無理なくできるのと、それが自然にわかってくれば、普段の鬼ごっこなどの遊び運動でも怪我なく強く体を成長させることができます。

実際、うちには1年前から小学校6年生(今年から中学生)のお客様が足を速くしたいと来られています。

その子のトレーニング内容は、重りは使わず、自体重を使ったトレーニングや、神経を活性化させるトレーニング、足の着き方や腕の振り方、どうすれば楽に体を動かすことができるか。をテーマに週1回トレーニングしています。

半年ほど経った時にその子はサッカークラブで走りがかなり速くなっていると褒められたり、体育の授業でも気がつけば学校でも上位に入るぐらい足が速くなっており、体育の先生からも褒められたとそうです。

体を動かすのも大切ですが、考えながら行う。なぜこの運動をするのだろう、なぜこんな動きをするのだろう。

それを認識させながら行うことで自ら考える力が付き、パフォーマンスも向上します。

子どもの可能性は本当に無限大なんですよね٩( ᐛ )و

 

脂質の摂り方

皆さんこんにちは☀️永井です٩( ᐛ )و

今日は脂質のお話です。

脂質って油と脂があります。

え、なにが違うかって❓

油は液体ですが脂が個体なんですね。

この脂は肉の脂身なんですが飽和脂肪酸といって動脈硬化などや炎症作用のあるプロスタグランジンという物質を含みます。

一方液体もサラダ油やオリーブオイルなどありますが、オリーブオイルや魚油は体に良い油と言われています。

焼肉を食べた時に、タレをしばらく放置しておくとタレの中で油が固まってくるじゃないですか。

肉の脂は血液中でも同じことが起こるんですね。

魚やオリーブオイルは血液でも固まらないので悪玉コレステロールを排除してくれる役割があるんですね。

とはいえ、油は油です。

摂りすぎるとカロリーの過剰摂取になり太る原因になります。

さらに脂質は女性ホルモンの原材料になるので無くても困ります。

じゃあどうやって摂取すればいいか。

ほどほどにしか言えないんですよね。

強いていうなら、1日の摂取量の1割で大丈夫です。

なぜなら意識して取らなくても勝手に入ってくるからです。

脂質は吸収が遅く腹持ちをよくする効果もあり、うまく摂ると過食を防ぐツールにも使えるかもしれません。

やはり、なんでもほどほどが一番なんですよね♪(´ε` )