8月になりました

皆さんこんにちは☀️永井です♪(´ε` )

 

早いものでもう8月になりましたね。

梅雨も明けて暑さが一段と厳しくなったように感じます。

コロナもどんどん拡大していき第2波真っ最中ですからなかなか外出する気にもならないですよね。

ですが、少しは外に出てくださいね‼︎

遠出とか遊びじゃなくても良いので朝の散歩や少し歩きに出たり。

暑さを少し感じてください。

出ないと確実に熱中症になります。

とくに休みの日や盆休みなどの休暇は必須です。

ずーっと家で過ごして盆明けに仕事に出かけると暑さで体がダウンします。

自律神経も乱れるので太りやすくもなります。

あと部活生やスポーツをされている方々。

時間帯をまだ涼しい時間帯に変えて外でトレーニングすることも大切です。

もちろん水分はしっかり摂りながらね。

空腹睡眠ダイエットって

皆さんこんにちは☀️永井です♪(´ε` )

昨日テレビで「空腹睡眠ダイエット」が取り上げられていました。

テレビで色々なダイエット法が取り上げられていますが、ちゃんとした内容でしたので今日はそのことについてお話ししたいと思います。

そもそも空腹睡眠ダイエットとは

・寝る5時間前には食事を終わらせておく

・朝しっかり、昼普通、夜ほどほどの食事量にする。

・1日の水分摂取量を3リットルにする。

・朝起きて食べる前に軽い運動をする

といったものです。

これをすれば寝ている間に脂肪が分解され痩せやすい体になるということなんですが。

これは間違いではありません。

朝は血糖値も下がり、脂肪が分解されやすい状態ですので軽い運動をすることによってエネルギーとして脂肪が利用されやすくなります。

僕も実はこの方法を推奨しているのですが。

少し落とし穴があって、

これは生活リズムが安定している人にしか難しいのです。

仕事をされている方でちゃんと毎日定時で上がれるなら可能ですが、なかなかそういうわけにもいきませんよね。

あと水分を1日3リットルもなかなか難しいです。

僕は仕事中は1.5リットル飲んでいますが

ちょこちょこ飲んでそれです。

たださっきも言ったようにこのダイエット法が体に無理なく取り組める方法ですので試す価値はあります。

 

いつもブログで言っていることですが

ダイエット(減量)で大切なことは

睡眠、栄養バランス、1日の活動量です。

あれこれ抜く前にまずは自分の生活を見直して見ることが1番自分にあうダイエット法になります(^ ^)

炭水化物を恐れない

皆さんこんにちは☀️永井です

本日は栄養のお話です(^_^)

よく聞くダイエット法で一番ありがちなのが炭水化物を抜くというもの。

少しこれは誤解が多く、おそらく皆さんが抜きたいのは糖質ではないでしょうか。

炭水化物と糖質の違いは、食物繊維が含まれているかどうかです。

糖質は食物繊維が含まれていないため、吸収も早く、エネルギーにすぐ変換され、血糖値を素早く上昇させます。

食物繊維は吸収が遅く、ゆっくりエネルギーに変換されます。

そのため腹持ちもよく血糖値を緩やかに上げていきます。

結論から言うと糖質も含め、炭水化物は必ず必要です。

なんせ三大栄養素の一つですからね。

ただし摂る量、タイミング、種類は考えないといけません。

例えば白米よりも雑穀。

雑穀は食物繊維もビタミンも豊富で主食にはもってこいです。

うどん、中華麺よりもそばやパスタ(脂質の多いソースは避ける)

僕の主観ですが、基本的に白い食べ物はほぼほぼ糖質しかないような気がします。

夜は寝るだけなのであまり糖質を摂りすぎてしますと太ることがあります。

糖質も炭水化物も体のガソリンなので朝と昼はしっかり摂るようにしてください。

あとはなるべく普段の食卓から白いものをなくしていき、雑穀やなどを主食に変えると腹持ちもよくダイエットは成功しやすくなります。

 

もちろん、激しい運動をしているや目的なので摂取量は変化しますのであくまで、緩やかに体を絞りたい人向けに書いています。

あと炭水化物が太る原因ではなくて活動量の低下が太ることにも繋がってきます。

ここ結構大切です。

またわからないことがあればジムでお気軽にお尋ねください( ´∀`)

体を内側から良くしていく

皆さんこんにちは☀️永井です(^ ^)

 

今回は体調を整えるということについてお話しします。

体調を崩す時って

・寝不足

・ストレス

・栄養不足

・環境

のバランスが崩れると体調も崩れやすくなります。

仕事柄なかなか睡眠と環境は変えづらいいった方も多いですよね。

ということで食のアプローチから風邪や体調不良を防ぐ方法をお伝えします。

それはズバリ「食物繊維」です

僕のブログを見返すと何回も出てきますがそれぐらい大切なんです

まずは簡単に食物繊維のおさらいから

・水溶性と不溶性がある

・腸内環境を整える

・血糖値の上昇を抑える

などの効果があります

ここで体調と大きく関係するのが腸内環境を整えることです。

 

腸内には免疫の7割を担っています。

食物繊維が不足すると、便通が悪くなり便が腸内で腐敗していきます。

そうすると腸内が荒れて機能も落ちてきます。

てことは免疫システムもうまく作動せず、体調を崩しやすくなってくるということです。

あと腸内が荒れると肌も荒れるので女性の方も気をつけないといけせん。

 

食物繊維は野菜に多く含まれていますがさっきも書いたように水溶性と不溶性の特徴があり、水に溶けるものもあるので鍋や味噌汁に入れて汁ごと飲むことをオススメします。

家にいることが多くなった今だからこそ普段摂らない栄養素にも目を向けてみてくださいね♪( ´▽`)

 

 

 

内臓の機能低下を防ぐ

皆さんこんにちは☀️永井です(^ ^)

蒸し暑さが増してきて食欲も失せてくる季節になってきましたね

さっき蝉の声が聞こえたのは気のせいでしょうか。

さて、食欲が失せてくると食べなくなったりしますが。

まあ痩せてきたりします。

でも冬になると増えてしまう。

こういったサイクルを一度は経験したことがあるのではないでしょうか。

 

冬の食べ物は美味しいですし会食の機会も多くなることも原因の一つではあるのですが。

機能低下が原因も考えられます。

人間は食べて消化して吸収する機能がありますよね。

食べてなかったりすると消化・吸収の機能がどんどん低下してくるんです。

そうすると吸収の際にうまくエネルギーに使われず脂肪として蓄積されてしまうんです。

インスリン感受性とも言われますが、入ってきた糖を体の中でうまく使う機能は運動とちゃんとした食事で上げることができます。

 

夏本番になってくると冷たい飲み物でお腹が膨れてしまったりしがちなので食と飲のバランスをうまく保って過ごしていただけると体重の変動も大きくならないと思います♪( ´▽`)