子どものための遊びエクササイズ

皆様こんにちは❗永井です🤗

最近の朝、夜はほんとに冷えますね💨

秋どこいったの?って感じがします…

さて、今日は子どもの運動について少しお話しします✨

これは、最近私が思っていたことですが、公園で遊ぶ子ども達が少し減ってきているような気がします😰

ゲームの発達でなかなか外で遊ぶ機会が少なくなってきているのかも知れません😰

ということで今日は子どもでも楽しみながらできるエクササイズについて少しご紹介します❗

まず、ここでの子どもというのは発育過程の小学生から中学生を対象にお話ししますね😄

体が成長する時期にどんな運動をさせていたかによって将来の運動神経が左右されます☝

しかし、子どもに腕立て伏せなどのトレーニングは関節にかかる負担も大きいのでオススメはしません。

それよりも、体の使い方を上手に学びながら楽しんで運動させてあげることが大切なのです✨

今日は親子でもできるエクササイズを紹介します🤗

その名も足ジャンケン❗

…ネーミングでどんなエクササイズか想像できますよね😖

お互い向かい合って立ってもらい、ジャンケンポンのタイミングで足でジャンケンします。

グーは足を閉じるだけ(気をつけの姿勢)

チョキは足を前後に開く

パーは足を左右に開く

かなりシンプルです✨

で、勝ったほうは四つ這いになって負けた方はその四つ這いの間を頑張ってくぐってください😮

でまた向かい合って立ってジャンケンです

 

やってみると実感できるのですがこのエクササイズ、けっこう体力と頭を使います😓

手でやると簡単ですが足ですると「ポン」のあとに勝ったか負けたか即座に判断するのが難しいです☝

要は叩いて被ってジャンケンポンと同じことです。

ただ違うのは、足ジャンケンのほうが運動量は圧倒的に多いです。

慣れてきたらどんどんテンポを早くしてみてください✨

目でみて動き出す時間が早くなることによって脳の処理スピードも上がってきます。

頭で考え、即座に体で体現させることで今後のスポーツにおいての技術も身に付きやすくなります☝

私が子ども達に陸上競技を教えていた時はよく頭を使って体もいっぱい動かしてあげながら指導していました🤔

今後、お子様がどんなスポーツに携わるとしても目をあけて体を動かすことは絶対についてきます。

子どものうちからそういう力を養っておくのは大切なことで、むしろ子どものうちにこういった「遊びエクササイズ」をしてあげるといいですね👏

 

「遊びエクササイズ」は他にもあるので興味を持たれた方はぜひBASEforにお越しください🏋🏻✨